まぶたにアレルギー反応が出て以来、皮膚が過敏になっています。

先週、まぶたが少しかゆくなり、乾燥してしまい、
皮膚科で処方されたクリーム(強い薬)を使いたくなかったので、
薬局に行って聞いてみたら、「いいクリームがありますよ」と
ビタミンA入りのクリームをすすめられました。

こちら VitA-Pos です。 日本では未発売のようです。

ドライアイ用で6時間効き目があり、
夜寝る前に、下まぶたの中に塗り込むのが基本的な使い方ですが、
「目の周りの皮膚にもすごくいいですよ、1日1回~数回使ってみてください」
と薬剤師が言うので、買って、上まぶたに塗ってみました。

このクリームで、私のまぶたはすぐに落ち着きました。
今後、どうなるでしょうか。

皮膚科にかかる前に、別の薬局に行ったときは
化粧品メーカーの目元美容クリームをすすめられて、あまり効果がなかったので
このVitA-Posをすすめてほしかったと思いました。

薬局、薬剤師によって、すすめる薬や商品が違うのは当然かと思いますが。
それにしても、様々な医薬品があるものです。


# by s-la-suisse | 2018-08-17 21:18 | ■diary   フィールド日記
夏、街中で裸になって、靴を手に歩く大人を
チューリヒでは見かけます。暑いからです。

初めて、こういった人たちを見たときは驚きました。
たぶん、裸足のほうが暑いと感じると思うのですが。

今夏は、とても暑くなる前は少し見かけましたが、
さすがに、この暑さでは裸足になる人を見かけません。

私はといえば、
この夏は、新調したモカシン(革靴)でずっと過ごしています。
いつもは何足かのサンダルを用途に合わせて
履くのですが、素足でモカシンを履いてみたら
とても心地よく、暑くもなく、
サンダルを履く気になれません。新しい発見です。

# by s-la-suisse | 2018-08-15 21:39 | ■diary   フィールド日記
スイスも、今夏は記録的な暑さとなっています。

危ないので、花火が禁止されたり、バーベキューが禁止されたりしています。
黄色や茶色に変色している芝生を、あちこちで見かけます。
一部の地域では、水不足に陥っていると聞きます。

前回、似たような酷暑だったのは15年前の2003年でした。
その夏、ライン川の水温が26度にまで達して、約5万匹の魚が死にました。

今夏も、ライン川の水温が上昇して魚が死んでいるそうで、
管轄の人たちがそれらの魚を回収しています。

各地で、魚をほかの場所へ移したり、網で覆って水温を上げない工夫をしていて、
2003年のときほどの惨状にはならないと予想されていますが、
本当にダメージが少ないことを願います。



# by s-la-suisse | 2018-08-14 23:06 | ■diary   フィールド日記
チューリヒ中央駅の外側の一部で大規模な開発が進んでいます。

すでに、オフィスや商店や住居が入ったビルが完成していますが、
まだ建設中のビルも多いです。

久しぶりに通ったら、巨大なビルが、だいぶ形を成してきていました。
建築家の親戚に言わせれば、写真に撮った下のビルは「いいデザイン」だそうですが、
私には、そう思えません。

町がより活性化するのはよいことだとは思いつつ、
これは、建て過ぎだと感じます。

a0109340_22154814.jpg


# by s-la-suisse | 2018-08-13 22:26 | ■diary   フィールド日記

スイス在住18年目、NPO法人 Global Press 理事。ライターとして、これまでに、およそ400本の記名記事を書いてきました。仕事のことなどを綴るブログです。since 9.Sep.2007


by s-la-suisse