ヨーロッパの日本食人気は定着していますが、
スイスでも、
スーパーでパッケージ入りのお寿司がいろいろ売られているくらい、
みんな、気軽に食べるようになっています。
(日本人の口には合わないので、私のまわりの日本の人たちは
スーパーのお寿司は買っていませんが…)

友人や親戚を招くとき、私もお寿司を作ることはしばしばあります。
きれい!おいしい!作ってみたい!と、よく言われます。

というわけで、お寿司を作ってみたい人はたくさんいるはずです。

そんなスイス人やスイスに住むいろいろな国の人たちに、
お寿司作りを教えている日本人女性がいらっしゃいます。

寿司陽子さんです179.png サイトはこちら 

これは、もちろん屋号(会社名や店舗名)で、
木下陽子さんという方です。

東京の学校(下記)で、寿司のプロ技術を身に付けるコースを修了されて、
2007年から、お寿司や和食の教室を開いて、人気を博しているようです。
いつも、着物姿で教えていらっしゃるようです。

木下さんが通った学校<東京寿司アカデミー>で学んで、
スイスや隣国で「寿司」を仕事にしている方たちのインタビューを見つけました。
男性2  

# by s-la-suisse | 2018-06-18 17:24 | ■Japanese スイスの日本人たち 

バーベキューに白ワイン

またまた、家でバーベキューをしました。
バーベキューのとき赤ワインを飲むときもありますが、白ワインは飲みません。

でも、今回は、白ワインでした。
友人を手伝ってあげたら、お礼にと言って、このスイス産ワインをくれたのです。
お礼なんて期待していなかったので、嬉しいサプライズでした。

スッキリして、とてもおいしいワインでした!

a0109340_20230856.jpg

# by s-la-suisse | 2018-06-17 20:27 | ■diary   フィールド日記
あることを、とても心配している友人がいて、
毎日そのことばかり考えている様子だったので、
私は、It's not the end of the world と言葉をかけました。

直訳すると、この世の終わりではない、ですが、
・そんなに大事なことでもない
・悲劇ではない
・大丈夫だよ
という意味合いです。

イギリスに住んでいたころ、仲良くしていた女性が
ひどく落ち込んでいた私を見て、この言葉をかけてくれてました。

このひと言がとても心に響いて、私はその出来事を少し客観的に見ることができ、
そうだ、私はまだ頑張れると思ったのでした。

以来、事あるごとに、
It's not the end of the world を自分自身に向かって言っています。

# by s-la-suisse | 2018-06-17 20:22 | ■diary   フィールド日記
本日発売の、季刊誌『環境ビジネス』で
ENVIRONMENTAL TOPICSとして、フランス(スタートアップの近況)とイギリス(リサイクル事業)の話題を1本ずつ
書きました。

下記リンクの目次に出ています。



# by s-la-suisse | 2018-06-15 15:58 | ■news    記事公開

スイス在住18年目、NPO法人 Global Press 理事。ライターとして、これまでに、およそ400本の記名記事を書いてきました。仕事のことなどを綴るブログです。since 9.Sep.2007


by s-la-suisse