以前書いた文章 【記憶を刺激する写真 6】

南ドイツのミュンヘンで撮った写真です。
活気に満ちた町で、気に入りました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
a0109340_02352773.png

こんなふうに霧が深いところを、
長い時間、歩いていたことをがある。一人で。ゆっくりと。

そこは、スイスのとある場所だった。

そうやって自分のいる場所が分かっているというのに、

歩いている間、私は不安だった。

周りに、誰も歩いていなかったからかもしれない。

お店も全然ないような、寂しい場所だったからかもしれない。

ただ怖かった。

これまでに、同じような 感覚を味わった。

田舎から東京へ引っ越したとき。
東京からイギリスへ、そして、イギリスからスイスへ移り住んだとき。

そのほか、いろいろ……。

知らない場所、 知らない人の中に入ることは
楽しみでもあるけれど、怖さも伴う。
だから、できれば最小限にしたいと思ってきた。

けれど、いまはその怖さを積極的に味わいたいと思う。

写真にあるように、バスが通り、

それに乗って必ず霧から抜け出ることができるとわかったから。






by s-la-suisse | 2018-01-27 18:46 | ■expression 以前書いた文章

スイス在住18年目、NPO法人 Global Press 理事。ライターとして、これまでに、およそ400本の記名記事を書いてきました。仕事のことなどを綴るブログです。since 9.Sep.2007


by s-la-suisse