【パンの話1】 伊達公子さんはフラウ。私も、スイスではフラウです。

元プロテニスプレイヤーの伊達公子さんが、
東京でパン屋を開いているそうです。

店名は「FRAU KURUMM」とのこと。
フラウはドイツ語で、女性を呼ぶ際に名字につけて使います。
日本に『フラウ』というファッション雑誌があるので、
聞き慣れている人も多いかもしれません。
(クルムは、元ご主人の姓だそうです)

私もスイスのドイツ語圏にいるので、普段はドイツ語、
女性のことはFrau ●●と呼びますし、私もFrau Iwasawaとなります。

パン屋といえば、私の1番最初の
「将来の夢=大きくなったらやりたい仕事」がパン作りでした。

その夢はもうなくなりましたが、
伊達さんのように、まったく違う仕事に就くのも素敵な生き方だと思います。

自分がこれから違う仕事をするとしたら、何がいいかな、
そんなことを想像するのも楽しいです。

by s-la-suisse | 2018-04-13 16:58 | ■diary   フィールド日記

スイス在住18年目、NPO法人 Global Press 理事。ライターとして、これまでに、およそ400本の記名記事を書いてきました。仕事のことなどを綴るブログです。since 9.Sep.2007


by s-la-suisse