ABロードに執筆した私の記事が、産経新聞に転載になっていました。(1月19日付)
先ほど気が付きました。

フェイスブックのシェアが90以上もついていて、びっくりしました。



# by s-la-suisse | 2018-02-07 07:41 | ■news    記事公開
JBpress (日本ビジネスプレス) インタビュー記事、
11位以下もまとめてみます。

インタビューした方たちから、
「岩澤さんが書いてくれたインタビュー記事を読んだそうで、
日本のテレビ番組から連絡がきました」という報告も
割合といただきました。

このサイトの読者は、男性が中心でした。
インタビューしたご本人が広めてくださったり、
snsで見かけて記事にアクセスした方もいらっしゃると思いますが、
みなさん、広い話題に関心があることがわかりました。


<ランキング トップ11~20> 
リンクすると、各記事、始めの部分が読めます。

11世界一周自転車の旅で知った地球最高の国 (161クリック)   

  日本をこよなく愛し世界で写真展開くスイス・イタリア人夫婦


  80歳のカリスマ演劇人、笈田ヨシが語る舞台そして人間(前篇) 


15パリの街角が、虹色の折り紙で明るくなる(123クリック)

  Origamiストリートアート」で訴える原発反対


16日本のかわいい、最先端は「進化系こけし」(121クリック)

  ヨーロッパで人気沸騰



# by s-la-suisse | 2018-02-05 16:52 | ■news    記事公開

以前、JBpress (日本ビジネスプレス)

5年ほど連載していたインタビュー記事を見返してみました。


いいね!」のクリック数が残っていて、

ああ、こういう記事に多くの読者が共感してくれたのだと

懐かしくなったので、ランキングにしてみました。


この連載では、60人近くと対面インタビューしました。

どの方たちも印象に残っています。


海外で活躍する日本の方たちは多いですね。

日本とつながりの深いヨーロッパの人も多いです。


これからも、そんな方たちを掘り起こして、伝えていきたいです。




ランキング トップ10> 
リンクすると、各記事、始めの部分が読めます。


  イラストレーター後藤美和

  パリを拠点に剣術と能の舞を教えるMasato Matsuura


5バレエ指導の魔術師、ロッシ池上理恵子 (204クリック)

  日本人観光客増加の功労者

  いま注目のクロード・ディアロ

  一般からの手編み寄付が、欧州で秋・冬の一大ブーム



  欧州での鉄製急須普及を支えて30年、ポール・グエンス




# by s-la-suisse | 2018-02-03 23:47 | ■news    記事公開
仕事のウェッブサイトがいつも見やすいようにと、ときどき手を加えています。

サイトを作る前は、このブログ「イードゥリ」に
執筆履歴など仕事のこともまとめていました。
でも、こちらで取材する人たちに「Satomi Iwasawaは書く仕事をしている」と
すぐにわかるようアピールしなくてはと思い、ブログから切り離すことにしました。

初めて書かせていただく媒体に自分紹介する上でも、ブログよりはサイトがよいと思いました。

サイトは、ほとんどを日本語で書いています。
英語でも書けばよいのですが、これは将来の課題の1つにして…

サイトの背景画は、少しクラシカルです。
くすんだエメラルドグリーンと、くすんだピンクです。
これは、画家の義兄が描いた絵の、ほんの一部を使わせてもらっています。

なんだか変なのですが、
大きなその絵の、この部分の色合いに、ものすごく惹かれました。

何度見ても飽きない色合いなのですが、
数年前、そろそろ、モダンなデザインに変えようかと思いました。
息子に「どう思う?」と聞いてみました。

「変えちゃダメだよ。だって、モダンにしたら、
ほかの人たちと同じようになっちゃうでしょ。
Satomi Iwasawaって目立っていいじゃない、このままでいいよ」

その意見に、まさに、胸を突かれました。
変えたほうがいいね、と同意してくれると思ったからです。

子どものものの見方は面白くて、息子には何度もはっとさせられています。
そして感謝しています。

というわけで、私のサイトの背景画は、まだしばらくは変えません。


# by s-la-suisse | 2018-02-02 21:06 | ■diary   フィールド日記

スイス在住18年目、NPO法人 Global Press 理事。ライターとして、これまでに、およそ400本の記名記事を書いてきました。仕事のことなどを綴るブログです。since 9.Sep.2007


by s-la-suisse